目立たない矯正「唇側(表側)矯正」



治療的に確立された表側矯正

歯の表側に装置を取り付け、ワイヤーの力を利用して歯列を整えるのが表側矯正。矯正治療法の中では最も歴史が深く、治療法も確立されています。患者様の肉体的・金銭的負担も比較的軽く、ほとんどの不正咬合に適用可能な治療法です。

「目立つのはイヤ」。ご安心を。目立たない装置があります

唇側(表側)矯正というと、金属が目立つもの、と思っていませんか。最近、セラミックやプラスチックでできたブラケットの矯正装置を選ぶ方が増えています。また、ワイヤーも金属ではなく白や透明に近い色も選択していただけます。

インビューホワイトワイヤーって?

「Invisible(見えないもの)」+「View(良い眺め)」を合わせた造語です。歯に馴染んで装着していることが見えない矯正装置です。

インビューはワイヤーも白。だから「とことん目立たない!」

ブラケットもワイヤーも肌や歯に馴染む色合い。「矯正していること」が周りの人にわかりません。

材質は変わっても方法そのものは従来の表側矯正と同じ。確実な結果をお約束します

装置がセラミックやプラスチック、ワイヤーがホワイトワイヤーに変わっても、基本的には従来の表側矯正と治療法は変わりません。歯科矯正領域で、最も歴史があり、臨床数も多い方法だから、安心です。

「矯正中も美しく」

矯正中は多少見た目が悪くても仕方ない、矯正が終わるまでの我慢我慢…それはひと昔前の話です。現代は「矯正中も美しく」。インビューならそれが可能です。

インビューホワイトワイヤーのメリット

その1 とにかく目立たない

歯科矯正を行う際の一番のデメリットは、周りの人に装置がはっきり見えること。悪い歯並びも気になりますが、装置をつけた状態での日々の生活も気になるもの。
笑う時にどうしても手が口元に行ってしまいます。インビューホワイトワイヤーなら、通常の生活をするうえで、周囲の人に気づかれることはありません。

その2 治療期間が延びない

装置の素材が変わったからといって、矯正期間が延びることはありません。治療法や出来栄え等は従来の表側矯正と全く同じです。

その3 確立された治療法だから安心

表側矯正という治療法は、矯正歯科診療において確立された治療法です。インビューホワイトワイヤーは、素材が進化した表側矯正。治療法そのものに対する信頼性は変わりません。

その4 オシャレな矯正

万一、親しい人に気づかれても「オシャレね」と言われること間違いなし。オシャレ感にあふれた矯正装置です。

インビューホワイトワイヤーのデメリットは?

デメリットといえるほどのものはありません。あえて言うなら、装置やワイヤーが金属や針金に比べて多少弱いことでしょうか。とは言っても、日常生活には何も支障はありません。

当院では、半分(上あご)のみインビューにすることも可能!

お口全体の装置をインビューにすると、料金が…と心配なさる患者様へ。当院では、上半分だけの変更も可能です。矯正治療を考える時、予算を抜きには考えられません。遠慮なさらずご相談ください。

特に接客業や人前で過ごす方に選ばれています

接客、司会、教師など、人前で過ごす時間の長い方は、目立たない矯正を選ぶ方が多いようです。やはり「目立たない」ことは矯正治療において非常に大事だということですね。